whiskipedia header ultis mobile

WHISKIPEDIA

アルコール度数(ABV)

ABVはalcohol by volumeの略で、飲み物の何パーセントがアルコールであるかを示します。例えば、ウイスキーハイボールにミキサーを多めに入れると、アルコール度数(ABV)は下がります。

熟成(Ageing)

ウイスキーの独特な味わいを実現するためには熟成が必要です。これは、木製の樽で保管することで、アルコールのきつさを除くと同時に、木材から出る複雑なフレーバーを加えることを意味します。

天使の分け前(Angels Share)

ウイスキーを熟成させる長い年月の間に少量のアルコールが木材を通して大気中に蒸発します。これは、出来上がったウイスキーが素晴らしいフレーバーに恵まれるように、天への供え物、あるいは天使の取り分と表現されています。

バランス(Balance)

バランスとは、ウイスキーのフレーバーとその相性の良さを表す言葉です。ウイスキーには、フローラル、スイート、ピートなど、さまざまなフレーバーが含まれているため、マスターブレンダーの役割は、これらのフレーバーのバランスをとり、どの要素も支配的になりすぎないようにすることです。

樽(Barrel)

ウイスキーはオーク材で作られた樽に貯蔵され、液体に深みのある豊かなフレーバーが加わります。

ブレンデッド ウイスキー

シーバスリーガルのようなブレンデッドスコッチウイスキーは、異なる蒸留所で生産された2種類以上のモルトウイスキーとグレーンウイスキーを組み合わせて作られます。これらの要素を巧みにブレンドすることで、各要素を合わせること以上のものが生まれます。

ブレンディング

ある液体と別の液体を組み合わせることをブレンディングと呼びます。シングルモルトウイスキーはこのプロセスにおける単一の原料ですが、ブレンディングには、異なるウイスキーを適切な割合でバランスよくブレンドする方法に関する専門知識が必要です。これにより、複雑な味わいがもたらされ、各要素から望ましい特性が引き出されます。

ボディ

ボディとは、ウイスキーが口の中でどのように感じられるかを意味します。例えば、複雑なフレーバーを持つウイスキーは「フルボディ」と表現されます。

バーボン

バーボンは、アメリカンウイスキーの一種で、蒸留に使用する穀物の51%以上がトウモロコシで構成され、生成物はチャーリングした新しいオーク樽で熟成されます。シーバスリーガルはスコットランドで製造されているため、スコッチウイスキーとなります。

カスク

ウイスキーは、オーク材で作られたカスク(樽)の中で熟成されます。使用される木材の種類は、ウイスキーの最終的なフレーバーの特徴に重要な役割を果たし、熟成の過程で液体にさまざまな香りやテイスティングがもたらされます。

カスクフィニッシュ

熟成させたウイスキーをあるタイプのカスクから別のカスクに移し替え、新しい有益な特性を蒸留酒に付与する方法。例えば、シーバスリーガル エクストラ 13年 ライカスクは、ジューシーなオレンジとクリーミーなチョコレートのフレーバー効果を出すために、アメリカライカスクで一部が仕上げられます。

Extra 13 Rye Cask Scotch Whisky - Chivas Regal
Chivas Extra 13
Rye Cask Selection*
Discover a new world of flavour with Chivas Regal Extra 13 Rye Cask Blended Scotch whisky.

ダッシュ

ウイスキーに水や、ソーダ水、レモンなどのミキサーを加えて、豊かな香りを引き立てたり、変化させたりします。1ダッシュとは、10滴程度の少量の液体を指します。

蒸留所

魔法が起こる場所。ウイスキーは、蒸留所と呼ばれる施設で作られ、最初のアルコール成分を加熱・冷却してからウイスキーに熟成させます。ストラスアイラは、スコットランド・ハイランド地方で最も古い現役の蒸留所で、シーバスリーガルの主要な蒸留所でもあります。

ドラム(Dram)

スコットランドの言葉で、ウイスキーの1回分の量を表します。具体的な量は決まっておらず、小さな水しぶき程度のから豪快な一気飲みまで、幅があります。

フィニッシュ

飲んだ後のウイスキーの風味で、飲んだ後も口の中に残っている余韻。

グレーンウイスキー

雑穀と少量の大麦麦芽を使用して処理を開始したウイスキー。親しみやすいフレーバーを持ち、カクテルにも柔軟に適応します。シーバスリーガルは、グレーンウイスキーとシングルモルトを巧みにブレンドし、まろやかで豊かなフレーバーを生み出しています。

ハイボール

アルコール度数の高いスピリッツとミキサーで構成される、時代を超えたカクテル。ソーダ水で割るのが定番のウイスキーハイボールですが、ジュースやガーニッシュを使えば、パイナップルハイボールのようなユニークなドリンクも作れます。

Classic Whisky Highball Thumbnail

クラシックウイスキーハイボール

 
初級
2 分

ジガーカップ

バーテンダーや熟練したカクテル職人が、スピリッツを正確に量るために使用する砂時計型の計量器です。

モルト ウイスキー

スコットランドの原酒であるモルトウイスキーは、麦芽を使った穀物(通常は大麦)を使い、銅製のポットスチルで蒸溜します。

熟成

ウイスキーの熟成工程。スコッチと呼ばれるためには、ウイスキーは最低3年間熟成させる必要があります。ウイスキーはガラス瓶の中では熟成しません。オーク樽の中で、カスクから好ましい香りを吸収することによってのみ熟成します。

ミキサー

ウイスキーにミキサーを加えると、豊かで複雑なフレーバーを引き立てることができます。ジンジャーエール、ソーダ水、ジュース、コーラなど、お好みのウイスキーと相性の良いフレーバーを積極的に探してみてください。

マドリング

フルーツや砂糖、ハーブなどを砕いて風味を出し、アルコールと混ぜることをマドリングといいます。ミントやバジルなどのフレッシュハーブは、カクテルによく使われ、マドリングによりエッセンシャルオイルを放出して、フレーバーと香りを最大限に引き出します。

ストレート

ウイスキーをストレートで飲むということは、ミキサーや他のフレーバー、氷を入れずに飲むということです。ゆっくりと口に含むことで、オリジナルのフレーバーを存分に味わうことができます。

香りを楽しむ

ウイスキーにはアロマや芳香があります。ノージングとは、ウイスキーを飲む前に飲み物の香りを堪能することです。ウイスキーを鼻に近づけて香りを吸い込み、口に含むだけではわからない風味を感じ取ることができます。

ピーティー

ウイスキーがピーティーであるとは、麦芽を乾燥させるために使用されるピート(泥炭)の火によって生まれたスモーキーな香りがあることです。この香りの強さは、ピートの煙にさらされた時間の長さによるものです。

ロック

ウイスキーをキューブアイスの上にそのまま注いでオン・ザ・ロックで飲むこと。少し冷やすことによって、特にスパイシーなウイスキーを和らげ、さまざまなフレーバーを引き出すことができます。オン・ザ・ロックは、大きな角氷や1つの大きなブロックアイスを使うカクテルを表す言葉としても使われます。

シェーカー

ウイスキーカクテルのレベルアップを目指すなら、良質なシェーカーが必要です。お気に入りのシェイクカクテルのレシピを見つけ、容器に入れてシェイクすれば、飽きのこない一杯が完成します。カクテルシェーカーをお持ちでない方は、ジャム瓶やプロテインシェーカーで代用できます。

ショット

ショットグラスで提供されることが多いウイスキーの単位のこと。普遍的な単位ではなく、イギリス全土でも25~35 mlと幅があります。

シングル モルト

シングルモルトウイスキーは、単一の蒸留所で大麦麦芽のみを使用して製造・瓶詰めされるのに対し、ブレンデッドウイスキーは、異なる蒸留所の複数のシングルモルトウイスキーまたはグレーンウイスキーを組み合わせたものです。

ストレーナー

上質なカクテルを作るには、ストレーナーが必要です。果肉や種など、不要なものを飲み物から分離するシンプルな道具です。

テロワール

フランス語で、天候、土壌、地域条件などの自然要因が飲み物の風味に与える影響を指す言葉です。一般的にはワインに使われますが、テロワールはウィスキーのフレーバーにも重要な影響を与えます。

ウィスキー タンブラー

ウィスキーのためにデザインされたエレガントなスモールグラスです。ウイスキーのストレート、オン・ザ・ロック、オールドファッションなどの定番カクテルで使います。

Old Fashioned Cocktail Whisky Chivas Regal

OLD FASHIONED

 
5 分