ニュースレター登録
Chivas Regal 18 Mizunara

スコットランドで生まれ日本
のミズナラ樽でフィニッシュ

シーバスリーガル18年 ミズナラ カスク フィニッシュ

購入する
スコットランドと日本のクラフトマンシップ(職人技術)のブレンド。 18年以上熟成されたモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドし、日本原産の希少なミズナラ樽でフィニッシュした日本市場限定のウイスキーです。 ミズナラ樽でのフィニッシュにより、シーバスリーガルの持つフルーティーでエレガントな味わいに、クリーミーさとほのかなスパイス香が加わっています。 「ブレンドは成功のもと」― 人生においても、スコッチにおいても。

スコットランドから日本への贈り物

18年熟成、日本原産の希少なミズナラ樽でフィニッシュ

19世紀、ウイスキーのブレンディング技術の開発を先導し、芸術の域にまで高めた、ジョンとジェームス・シーバスのウイスキー造りを受け継ぐシーバスリーガル。シーバスリーガルはさらなる挑戦と革新を目指し、蓄えられたミズナラ樽の知見に加え、創業から約200年間で培われた豊富なウイスキーの熟成とブレンディングの知識と職人技を駆使し、ミズナラ樽でフィニッシュされた18年熟成のウイスキーを開発しました。

18年熟成のシーバスリーガルをミズナラ樽でフィニッシュさせることで、豊かでフルーティなアロマに、ほのかなアクセントが加わります。濃厚なジンジャーとチョコレートの複雑な味わいが、深みのあるアロマと見事に調和し、長い余韻が続きます。

希少なミズナラ樽

日本原産の水楢(ミズナラ)を樽材として使用するには、平均200~250年の樹齢を要することから流通量が極端に少なく、柔らかく浸透性の高い木材の特性上、漏れやすいというリスクがあります。そのため、樽を作るためには品質の高い木材の選定と確かな製樽技術が必要とされます。熟練の樽職人たちが手作りした樽からは、甘いクレメンタインオレンジ、西洋ナシ、バニラ、スパイスが絶妙なバランスで香り立ちます。

テイスティングノート

はちみつ、熟した赤リンゴ、バニラ、シナモンを思わせる甘く豊かな香りに、花のような香りが漂う。甘い杏子ジャムとダークチョコレートのかかったジンジャービスケットを感じさせる贅沢な味わいが、クローブとクリーミーなトフィーのほのかな風味とともに広がる。フィニッシュは長く続く、甘美でスパイス香のある余韻。

商品ラインアップを見る

シーバスリーガル ミズナラ12年