• シーバス・コリンズ
  • ロブ・ロイ
  • オールド・ファッション
  • シーバス・コリンズ

    カクテルのアイコン的存在のコリンズは1820年代から続くクラシックなカクテルであり、シーバス同様、英国からニューヨークに渡り、再び英国へ戻りました。

    シーバス・コリンズ
    材料
    • グリーンアップル(グラニースミス)二切れ
    • シーバスリーガル12年:50ml
    • レモネード:100ml
    • 炭酸水:50ml
    • ライム輪切り:一枚
    シーバス・コリンズ
    作り方
    • 1
      グラスの底にリンゴのスライスを置き、上からシーバスを注ぎ、数分待つ。リンゴを先に置く事により、ウィスキーと馴染ませ、シーバスの果実の香りを引き立てます。
    • 2
      大きめの氷を入れる。レモネードをゆっくり注ぐ。その酸味がウィスキーの蜂蜜の味との絶妙なバランスを取ります。
    • 3
      ステアする。
    • 4
      炭酸水を注ぐ。炭酸水がカクテルの味わいを深め、甘さを落とし、シュワシュワとした口当たりが加わります。
    • 5
      ライムの輪切りで飾り付け、長めの透明なストローと共に提供する。
    Play Video
  • ロブ・ロイ

    1894年ににニューヨークのウォルドルフホテルのバーテンダーがスコットランド人のロバート・ロイ・マクレガーの人生をテーマとしたオペレッタの初日を記念して作られたカクテル。別名スコッチ・マンハッタンとも言われるこのカクテルをシーバスで創り、自分のストーリーを語ろう。

    ロブ・ロイ
    材料
    • シーバスリーガル12年:50ml
    • リレブラン:12.5ml
    • リレルージュ:12.5ml
    • アンゴスチュラビターズ:少々
    ロブ・ロイ
    作り方
    • 1
      オレンジツイストを準備する。
    • 2
      ミキシンググラスにシーバスリーガル12年を注ぐ。
    • 3
      リレルージュを注ぐ。
    • 4
      リレブランを注ぐ。
    • 5
      アンゴスチュラビターズを少々と氷を入れる。ステアする。
    • 6
      冷やしたマーティニグラスにストレインし、オレンジツイストで飾り付ける。
    Play Video
  • オールド・ファッション

    このカクテルの名前に決して騙されてはいけない。時代を超越したこのカクテルは20世紀初頭に人気を博した。冷やしたグラス、甘いオレンジオイルの香り、そして砂糖とビターの滑らかで柔らかいバランスがこのカクテルの主役はシーバスである事を保証する。

    オールド・ファッション
    材料
    • シーバスリーガル12年:60ml
    • アンゴスチュラビターズ:二振り
    • ブラウンシュガー:一すくい
    • オレンジスライス:一枚
    オールド・ファッション
    作り方
    • 1
      オールドファッショングラスにブラウンシュガーキューブを入れる。
    • 2
      ビターを注ぎ、混ぜる。
    • 3
      シーバスリーガル12年を15ml注ぐ。
    • 4
      氷を一つ入れ、半分溶けるまでステアする。
    • 5
      3と4を三回繰り返す。
    • 6
      オレンジの皮とチェリーで飾り付ける。
    Play Video